自分磨き

どうしても憂鬱な時の、応急処置的な過ごし方

生理前や、仕事が忙しくて先が見えず辛い時、疲れがたまっている時、こんな毎日がずっと続くのかな?とつい憂鬱になってしまう時があると思います。そんな時に、自分なりの気持ちの整理の仕方が分かっていると、ストレス解消にも役立つし、何より先が見えてきて気持ちの切り替えもしやすく、日々の生活がもっともっと快適になると思います。今日はもし憂鬱な気持ちが襲ってきたら、どんな風に気持ちを休ませて切り替えたらいいのかポイント4つを書き出しました。何はともあれ、代表的な気持ちの切り替え方だと思いますので、ぜひ今のあなたに必要な方法をチョイスして実行してみてくださいね。

好きな音楽を聴きながら、散歩やストレッチなどで体を動かす

憂鬱な気持ちを吹き飛ばすには、体を動かすことだとよく言われます。ランニングや筋トレなど体力を使うスポーツではなくても、散歩やストレッチなど簡単なものでも十分効果はあります。黙々とトレーニングのように体を動かすのが苦手な方は、好きな音楽を聴きながら取り組んでみるといいでしょう。いつもより楽しく集中して行うことが出来るはず。

思い切ってショッピングに出かける

自宅にいながら悶々としてしまい、せっかくの自由な時間もくつろぐことが出来ない(涙)そう思った時は思い切って、ウィンドーショッピングなどに出かけることをお勧めします。意外と街中は、一人でショッピングに出かけて気晴らしをしている女性も多いです。欲しいものがある時は、思い切って疲れて憂鬱になってしまった自分に投資するつもりで購入してみても良いと思います。そして街中を歩くことにより今どんなものが流行っているのか?お洒落な方を参考に自分のセンスを磨くことも出来ます。またきっと同じような境遇で歩いている女性もいるだろうと思う事で「ひとりぼっちじゃない」と気持ちに張りが生まれる場合も。

アロマオイルやキャンドルなど、好きな香りと一緒に瞑想をする

お気に入りのアロマオイルやキャンドルと一緒に、瞑想をするのもおすすめです。好きな香りを漂わせ、瞑想で頭の中を空っぽにしてみましょう。日々の辛い事、逃げ出したいな~と思うようなルーティン、色んな問題を一先ず頭の隅っこに寄せておいて、ただただ好きな香りを感じ意識の底で眠るような感覚で自分を癒すのもおすすめです。バスルームで半身浴しながら行うのも効果的。その際は眠ってしまわないように気を付けましょう。

この際だから、眠ってすっきりする

1日を無駄にしてしまうのでは?と思ってしまう方もいるかもしれませんが「贅沢に時間を使う」というのも憂鬱な時の過ごし方として、気持ちを休めるために有効的な方法です。毎日色んな事で忙しくしてきた方、今日はほんの少しだけ眠って、心を休めてみませんか?目が覚めると、少しだけ憂鬱な気持ちも吹き飛んで、また新しいことに気持ちが向くかもしれません。また新たなアイディアが浮かび、もう一度頑張れるかもしれません。