恋愛

昔の恋人や好きだった人の夢を見る時

あの頃に戻りたい哀惜の念

あの頃は自分自身も彼も若くて、未熟だったかもしれません。しかし今よりもずっとみずみずしい感性で、等身大の恋が出来たあの頃に戻りたいという、切なく悲しいような美しいようなきゅんとする気持ちが、夢に元恋人や好きな人を登場させたと解釈することが出来ます。それは誰しもが持っている、美しい思い出。そして誰しもが一度は通過する、若さと未熟さと心からの素直な気持ち。あの頃の悩みや苦しみや自分たちなど、全て含めて「尊い」という気持ちの表れです。

気持ちが整理出来て、お互いに違う人生を歩き出している

その方との過去は、いい思い出として限りなく遠くにあって、自分自身の中に沈殿しています。ついに今、その時の想いが、あなたもそうですがお相手の彼も、心の奥にあるピースにすっぽりハマりきったのです。そろそろ本当に過去の思い出に昇華し、別々の人生を歩もうと状況が動き出したと考えて頂くことも出来ます。あなたも思い出として沈殿しており、またそれは、彼の方も同じ状態なのです。それを夢が暗示していると考えることが出来ます。

また出会う可能性を告げている「予知夢」である

またご縁が絡まり合い、どこかで偶然に再会したり、SNSで繋がり、近況を話し合うことが出来たり、或いはまたお互いに惹かれて愛し合うことになったり、予知夢だとも考えられます。やけにリアルだったり、これまで少しも思い出さなかったのに急に夢に出てきたりなど、不思議だな~と思うタイミングでの夢や直感で「繋がるかも」という雰囲気を感じる時は予知夢の可能性もあります。まだ想いが残っているお相手だったら、復縁になるかも…?