自分磨き

童顔さん必見!少しでも大人っぽく見せる方法

いつも年齢より下に見られたり、下手すると学生さんに見られてしまって、特にお仕事でなんとなく頼りないな~と思われているのではないか?心配な方がいるかもしれません。童顔は変えられませんが、雰囲気を変えることは出来ます。ゆるふわ、柔らかめ、オルチャン(?)または、抜け感溢れる雰囲気はどうしても年齢より若々しく見えてしまいます。シーンによってモードを少し変えることで、しっかりして見える年相応のお姉さん的な雰囲気を出せるようになりますので、ぜひやってみてくださいね。

きっちりかっちりとしたファッション

今時のファッションはどちらかと言えば緩め。アムラーやあゆ世代の若者たちは大人っぽく!をモットーにファッションを意識していました。今、同じようなファションはなかなか出来ないかもしれませんが、トレンドの中から出来るだけきっちり、かっちりを意識して、スーツっぽいファッションや色合いを考えてみましょう。肩パッド(ソフトショルダー)の入ったファッションなどもおすすめです。

落ち着いたトーンで話をする

高くてゆっくりとしたお話の仕方は、相手側に安心感を与えるので、プライベートではとても良いと思います。しかしお仕事の時は、出来るだけ相手にはっきりと伝わるようにお話するのが大事になりますので、落ち着いたトーンを心掛けましょう。落ち着いたトーンで、堂々としていると、年齢が若くても童顔でも「しっかりしている」印象を与えます。

背筋をしゃきっと伸ばし相手の目を見る

背筋をしゃきっと伸ばした女性の姿は、間違いなくしっかりして自信があり素敵に見えます。また、相手の目をしっかりみてお話が出来るようになると、もっといいでしょう。顔立ち自体が童顔でも、雰囲気で大人っぽさやきりっとした様子を醸し出すことが出ますし、ビジネスの場ではやはりよく見て頂けるので、ぜひ意識してみてくださいね。