片想い

好きな人に、やり取りの途中でラインを既読無視される理由

好きな人と楽しくやり取りをしていたはずなのに、途中で既読スルー状態に。しかも会話的に、少し不自然な形で終わっているとしたら、一体その理由はなぜ?と考えてしまうと思います。顔の見えないやり取りだからこそ、相手の雰囲気や状態が分かりにくい為「嫌われたのかな?」「めんどくさかったのかな?」などモヤモヤが…。ラインをやり取りの途中で既読無視される、いくつかの理由をまとめました。下に行くにつれて、ネガティブな理由になります。

スマホを触る時間、ラインを返す時間を限定している

意外と多いのがこのパターンです。お昼にラインをチェックして返信は全て夜だけだという方、通勤時間だけでラインのやり取りをされる方、夜〇時からはそもそもスマホ自体触らないという方、特に忙しい方はこのように、ラインでのコミュニケーション時間を限定している場合があります。このタイプの方は、ついつい途中になったやり取りがあること自体を忘れていたり、または他愛ないやり取りで一度途切れた会話に対して返信するのも変かな?と、自分なりのコミュニケーションのペースがあることは間違いありません。特に失礼なことを言った覚えはないなら、あまり気にしないことをお勧めします。

寝落ちや、仕事の合間や、誰かからの通話が来てラインが中断された

スマホを触ってやり取りをしている間に寝落ちした、そもそも仕事の合間の時間にやり取りをしていた、やり取りをしている最中に誰かからの着信や、返事を要する大事なラインが来たなど、あなたとの他愛ないやり取りが中断されるような大事な理由があった可能性もあります。この場合は、用事が済んでまた相手の時間が戻ってくれば、続きから返信してくれる可能性もあります。また「途中でごめん。会社から着信が入って」など具体的な一言がある場合も多いようです。

たまたま、相手にとって答えにくい質問だった

ふとした会話であっても、年齢を重ねると人は、色んなトラウマや触れて欲しくない部分があります。それはあなたにとって普通の質問であっても、相手にとっては大きな理由であったりもします。そういった質問に出くわした時、軽い感じで答えることが出来る方もいれば、その質問を最後に相手と距離を置いたり、そっと時間を置いてから返信したりなど、色んな切り離し方があるようです。
また純粋に答えるのに時間がかかる質問というのもあります。簡単には返せないような、まとめられないような、気持ち的な部分など「う~ん」と返信する文章を考えている可能性もあります。

テンポよく返信を頑張っていたけど、エネルギーが切れた

この場合もいくつかパターンがあります。ラインが苦手な方。異性とのコミュニケーション自体が薄い方。性格的にあっさりしている方。でもあなたの事が好きなので、出来る限り頑張った上で既読無視になったのかもしれません。またはネガティブなパターンとしては、あなたの事を面倒に感じていたけど、失礼な対応はしたくないので、エネルギーが切れるギリギリまで頑張ってラインをしてくれていたという可能性もあります。ネガティブな理由だとしても、優しい相手の人となりと、あなたに対しての配慮は見られますので、相手のペースやお仕事との兼ね合いなども考えて、やり取りをしていけるように心がけて行きましょう。